注目キーワード
  1. バズ
  2. ダンス
  3. 話題
  4. 可愛い
  5. 爆笑

SATOYUがスーツを来た結果
同接数エグすぎィ!(#01)

SATOYUさんインタビュー#01/「俺、人気ないのかな」と自信をなくしても。元トラック運転手に舞い降りた、唯一無二のキャラクター

自身の声や顔で最大限まで遊びながら、TikTokのエフェクトを駆使してエンタメに昇華し、フォロワー数250万人を誇るSATOYUさん。6月9日には第1期TikTok LIVE優良クリエイター「LIVE Pro」に認定されるなど、公式にも一目置かれていることがうかがえる。これまで「4回のバズを経験した」というSATOYUさんの、TikTokサクセス・ストーリーとは。
(全2回の1回目/2回目に続く)

「楽天スーパーセール!」でいきなり再生回数100万回超え

ーーTikTokをはじめてから約3年で、現在はナレーション業や大手企業のPR動画にも出演するなど活躍中です。どんなきかっけでTikTokをはじめたんでしょうか。

SATOYU 友達に勧められて、最初は遊び半分でスマホのなかにあった動画を投稿していた程度でした。いまはもう消していますが、細々と声真似動画をアップしていたんです。

ーー手応えはいつ頃から感じましたか?

SATOYU これまで4回バズった実感がありまして、初バズりは「楽天スーパーセール」のCMでお馴染みの若本規夫さんの声真似でした。再生数が100Mを越えて、「いいね」も10万越えたので「これはバズったな!」と。

ーー2020年3月29日の動画ですね。若本規夫さんといえば『ドラゴンボールZ』のセル、『サザエさん」のアナゴさん、『人志松本のすべらない話』のナレーションなどでお馴染みですよね。なぜバズったと思いますか?

SATOYU 若本さんの声真似をする人はたくさんいるんですよ。なかでも僕は、若本さんのシャウトが得意で……ちょっと若本さんが声優を務めた『プリズン・ブレイク』のティーバッグ、やっていいですか?
「スコフィーールドッッ!」
 これです。

ーーうわー! 目の前でやっていただいて、すごい贅沢(笑)!

SATOYU 全然やりますよ。おそらく、この声真似がズバ抜けて上手かったからだと思うんです。ずっと練習していたので。
 2回目が、20年12月からやりはじめた、「ピカチュウ」のエフェクトをつけてドスの効いた声を出すという動画で。3回目が22年頃にはじめたモフモフ衣装のNPCキャラクターです。

バズったNPCが、急に落ち込んだ理由

ーーNPCとはゲーム用語で、ゲーム上でプレイヤーが操作しないキャラクターのことですよね。主人公が訪れる街などに、それぞれの役割で立っているような。TikTokerの夏絵ココさんがここに着目し、TikTokライブでファンタジー世界の住民のような猫耳美少女姿で登場し、ギフトが届いたらゲームキャラクターのように無機質に動く「無言配信」というスタイルを確立しました。SATOYUさんも、そうした夏絵さんのキャラクターをヒントにしたのでしょうか。

SATOYU そうですね。「こういう原始人みたいなキャラいそうだよね」と思いつき、ちょうど自宅にあったキャンプ用のもふもふクッションを切って着てみたんです。ヒゲは、最初は妻のアイライナーを借りて描いていました。消費量が多いので、今は100均で買っています。

ーーすべて身近にあったものだったんですね。そういった人気キャラクターを生み出すまでに、分析したりも?

SATOYU TikTokを見ていただけです。分析とか計算とかできないんですよ。それまでも結構なキャラクターをやってきて、そのなかのいくつかがバーンと当たっただけなんです。
 でも、NPCがバズったあとに数字が落ちていきまして。いいときで1万人を超えていた同時接続人数が、3,4ヶ月をすぎると100人を下回るようになっていったんです。

ーーなぜでしょう。

SATOYU 視聴者さんが飽きたんでしょうね。ずっと同じことをしていたら、僕が視聴者でも飽きると思います。シビアですよね。それでいろいろやりました。「ストリートファイター」のリュウとか、地雷系女子とか、10~20キャラクターはやったかなあ。この時期は“壁”でしたね。

「普通に働いたほうがいいのかな?」

ーーTikTokで初めて壁にぶつかったんですね。

SATOYU しかもこの時期、上京を決めたときだったんですよ。それまでは地元・愛知でトラック運転手をやっていて、ちょうど仕事を辞めたばかりで、「ヤバいな」と。

ーーどのくらいの期間、そういった状況が続きましたか?

SATOYU 3,4ヶ月くらいですね。「自分、人気ないんだな……」と、メンタルにきました。結構考えて落ち込んで、一度ネガティブなことを考え出すと止まらなくて、「普通に働いたほうがいいのかな」とか。

ーーその時期、奥さまの反応はいかがでしたか?

SATOYU 彼女は冷静で肝が座っているんですよ。「大丈夫大丈夫、私、稼げるし」って。ほんとうにすごいです。支えられましたね。
 それを経て、スーツ姿で歩く動画「月歩」で4回目のバズりを経験しました。

ーー「月歩」では、フォロワー数が100万人増えたそうですね。

SATOYU TikTokライブをやると、1日2万人ずつ増えていた時期でした。同時接続は最高5万人で、配信を見に来てくれた人が1000万人に達したこともありました。

ーー1000万人!? それはすごい。

SATOYU なぜそんなに来ていただけたのかはわかりません(笑)。

Tシャツをスーツに変え、大バズリ!

ーー「月歩」はどんな発想から生まれたんですか?

SATOYU 元々「歩きダンス」というパフォーマンスを海外TikTokerがやっていて、「流行ってるしやってみようかな」という感じでラフなTシャツ姿の「月歩」を投稿たんです。そのときの「いいね」は2000くらいで、可もなく不可もなくという数字でした。
 そんななか、コメント欄に「オシャレをしてやってみたら?」と書いてあって。ちょうどその日、映画の試写会のMCをやる仕事があり、スーツを着ていたんです。以前、友達の結婚式で着るために「洋服の青山」で勧められるままに買ったダブルのスーツで。

ーーそれがお馴染みのスーツだったんですね! それも元々自宅にあったものだったとは。

SATOYU それがおしゃれかどうかはわかりませんでしたが、とりあえずスーツ姿で「月歩」をやってみたんです。すると思ったより再生回数が伸びて。
 そうしたら今度は妻が「これをTikTokライブのほうでもやってみたら?」とアドバイスしてくれて。僕は「ライブでやる必要あるかなあ?」と懐疑的でしたが、一応やってみたら1発目から同時接続人数が1万人超えたんです。

ーー周囲の方のさまざまな後押しがあったんですね。

SATOYU 「月歩」はいろんな偶然が重なって生まれました。たまたまそのコメントが目に入り、たまたまスーツを着ていたからやってみて、妻がアドバイスをくれて。普段はスーツなんて絶対着ていないですからね。

ーー「月歩」は海外受けもいいのではないかと思います。

SATOYU 海外の方が来てくれると、雰囲気ががらっと変わりますね。日本の方たちは「シェア」をあまり押さないイメージですが、海外の人たちはみんな「シェア」をしてくれるのですごく広がっていくし、一気にバズるんです。
 でも、やっぱり飽きられた経験を経ているので、「次もなにか用意しておかないと」と冷静に考えていました。
 すると最近は、海外の方たちにNPCキャラが受けはじめて、すごくうれしいんです。この前のTikTokライブは同時接続人数1万7千人で、バズっている実感があります。

ーー英語コメントでよく「OHIO」と言われているのを見かけます。

SATOYU そうなんですよ! 最初はそのミームがわからず「どういう意味?」状態で。調べてみて意味がわかると、イジられているんだなと。じゃあそれに乗っかろうと思い、「ジョジョの奇妙な冒険」のエンリコ・プッチのスタンド「メイド・イン・ヘブン」を文字って「メイド・イン・オハイオ!」とやったら、コメント欄に「OHIO!」「OHIO FINAL BOSS!」というコメントで溢れ返りました。

ーーそれで代名詞的存在になり。

SATOYU とにかく目立ちたいんです、僕は。だからイジってくれてもいいし、それで「面白いヤツだ」と思われたら本望なんですが、最近では「こいつはOHIOだけど別に悪くないOHIOだよ」というコメントもあり、よくわからないんですが認められるようになりました(笑)。

手を伸ばすなら、高い目標より、目の前に見えるものを

ーー最近ではANAのPR動画にご出演されたり、もうスーツ姿で歩くだけで仕事になる状態ですよね。

SATOYU いつも着ているスーツがダブルスーツで、パイロットさんもダブルスーツなので、そういうところでイメージが重なり起用してくれたのかもしれません。

ーー身一つが武器になっているさまは、TikTokクリエイターならではです。4度のバズりを経験して、今後の展望はありますか?

SATOYU いままでも未来のことはわからないまま、とにかく目の前にあるものを触っていく感覚で活動していました。「高い目標がないとダメだ」と言う人もいるかもしれませんが、目に見える手前のものに進んでいくだけでも十分だと思うんです。
 目の前が見えなくなるのは、立ち止まったときだけです。壁を感じたあの時期に「もう無理だ」「これから先もバズることがあるんだろうか」と止まりそうになりましたが、進んでいった結果、「月歩」があったし、またNPCがバズった。これからも前に進んでいくのみ、です。

***

7月14日配信の後編では、学生時代から発信していたという、知られざる原点についてうかがいます。

(撮影:佐賀章広)

@satoyu727 @わんこ ♬ original sound – matvfx

※動画はSATOYU公式TikTok『@satoyu727』より

BuzzTokの最新情報をチェックしよう!
>BuzzTok News 動画インタビュー企画!

BuzzTok News 動画インタビュー企画!

圧倒的No.1バズメディア「BuzzTok News」では、音楽活動をされているアーティスト・ミュージシャンを対象に動画インタビュー企画を実施します。音楽に纏わることでもそれ以外でもOKです。それぞれの持つ“普通じゃない”をインタビューを通じて発信していければと考えております。自薦他薦は問いませんので前向きな方は是非ご一報ください。

CTR IMG