注目キーワード
  1. バズ
  2. ダンス
  3. 話題
  4. 可愛い
  5. 爆笑

夏絵ココがアーティストデビュー!
「テーマは思い込みや偏見」

夏絵ココさん #アーティストデビューインタビュー/偏見にまみれた言葉をぶつけられても「誰にだって、言わないだけで秘めている言葉がある」

 いまや北米にまでその影響が及んでいる「無言配信」のパイオニアであるクリエイター・夏絵ココさんが、8月23日にアーティストデビュー。自身で手がけたという歌詞の背景にある思い、こだわりのMV、そして「天城越え」にまで及んだ、アーティスト・夏絵ココさんの思考を探った。

歌詞を「自分で書きたい!」

ーー8月23日に楽曲『Virtual mod Real』を配信リリースされ、アーティストデビューしました。夏絵さんご自身が作詞も手がけたそうですね。まずは、アーティストデビューにいたった経緯を教えてください。

夏絵ココ(以下、夏絵) 夏絵ココはTikTok LIVEで「無言配信」をやっていますが、視聴者さんとある程度コミュニケーションは取れるものの、やっぱり無言だから限られたコミュニケーションになるんですよね。
 だから、いま見てくださっている方や、私の名前を知ってくださっている方々に、もっと自分の伝えたいことが伝わるようなツールを使いたいな、と思ったことがきっかけでした。

@natuecoco 8/23 『Virtual mod Real』でアーティストデビュー❤️ 8/23 Artist debut with “Virtual mod Real” ❤️#natuecoco #夏絵ココ #virtualmodreal ♬ Virtual mod Real – Natue Coco

ーーそれで作詞も担当されたんですね。

夏絵 曲と関われば関わるほど自分で書きたくなっちゃって。「プロでもなんでもないし、やったこともないけど、作詞をやってみていいですか」とお伝えして、自分で書かせてもらうことに決めました。

ーー歌詞のテーマは?

夏絵 「アンコンシャスバイアスからの解放」をテーマに書きました。「アンコンシャスバイアス」=「無意識の思い込みや偏見」といった意味があります。
「自分だけが持っている常識」というものは、ひとそれぞれ、ひとりひとりに絶対にあるじゃないですか。
 それがまさに「偏見」なわけですが、自分が持つ偏見と、他者からのアクションと、その中で生まれる新たな自分がいる……と、そんなすべてをひっくるめて、「それすらもあなた自身だよね。私はそんなあなたを肯定していきたいな」ということを、今回の歌詞で伝えたかったんです。

アンチの言葉は、ファンの「好き」に匹敵する強さ

ーー「アンコンシャスバイアス」、表に出てパフォーマンスしている夏絵さんらしいテーマだと感じました。そういった局面を実感した、具体的な出来事があったのでしょうか。

夏絵 はい、私の配信は応援してくれるファンの方がたくさん見に来てくださる一方で、やっぱりそれ以上に、ちゃんとアンチの方もいらしていて。
 私はアンチの方にも以前からずっと「アンチ自体は、『それはそれだよね』と思っているよ」と伝え続けていて。
 アンチの方々は、ファンの方が「好き」と言ってくださる気持ちと同じくらい新鮮に、いろんな言葉を駆使してぶつけてきてくれるんですよね。その言葉はそれこそ偏見まみれで。

@natuecoco 年齢はない、性別もない、君はだあれ?#これは思考実験です #natuecoco #NPC #queenofohio #npc #マルチスクリーン ♬ オリジナル楽曲 – 夏絵ココ👒💓無言配信

夏絵 たとえば、年齢や性別、体型にふれることなどで、それをぶつけられると、「いやあ、いい偏見だなー! すっごいぶつけてくるじゃん! いいじゃんいいじゃん! それがいまのキミなんだね、わかった!」という気持ちになるんです。たぶん、ほかでは言えないことなんだろうし、「ここにならぶつけていい」という判断をしたんだな、と。
 そういった経験から、「自分の常識は、相手に通じるとは限らない」と再認識しました。

ーーアンチと対峙するとき、夏絵さんのようなスタンスになるのは、多くの方は難しいように思います。

夏絵 私の「アンチに対してなにも思わない」という常識はほかの人にはなかなか届きづらいこともわかっています。それもひっくるめての「私の常識」で、その上で「いま目の前にいる人の非常識」であって。そんなことがたくさん重なっていますよね。

ーーTikTokを始めた当初から、アンチの方にたいしてそういった姿勢だったんですか?

夏絵 そうですね。だって自分にも、なにかを見たときに悪口になるようなことが思い浮かぶことはありますもん。「みんな言わないだけで秘めているよね」ということは、最初からずっとありました。

ーーたしかに。そのとおりですね。

夏絵 夏絵ココは活動を始めて今年で2年になりますが、「夏絵ココ」を作った博士がいて、この体には博士の人生も反映されていて。博士自身が人生の初期の段階で「まあ、そういうもんだよね」と思っていたようです。

MVは「思考実験されている!」

ーー博士はいつ頃からそれを感じていたんでしょう。

夏絵 小学校高学年頃からのようです。たとえば、友達のキライな部分があるとしても、その子が誰かに対して優しくしている場面も見るし、博士もその子に対して優しくできるし、ただ単に、「その子にイヤな部分があるだけ」という事実があるだけで。

ーー人間はそれぞれ多面的ですもんね。歌詞を書くときは、スラスラと言葉が浮かんで来ましたか?

夏絵 はい、書き始めたらスッと進みました。ひとつの単語を思いついたら、それをいろんな角度で見てみようと思って、その単語にまつわる現象を探したり、言葉の意味を深く掘り下げたり、という作業をしていました。

ーーおもしろそう!

夏絵 表現することがすごく楽しかったですね。

ーーMVはいかがでしたか?

夏絵 「バーチャルとリアルの間」を映像で表現したくて、撮っていただいた監督さんに私の要望を伝えました。
 とはいえ、そこまでこだわりを細かく強く伝えたわけではないんです。言わずとも私の要望を映像の世界でどんどん広げてくれて、結果、めちゃくちゃいい作品が出来上がりました。クリエイター同士のぶつかり合いの醍醐味が感じられる時間でしたね。

ーーこれまでは一人で映像を作ってきただけあって、ほかの映像クリエイターさんとの仕事は、刺激があったかと思います。

夏絵 はい! プロの仕事を体感させていただき、「いやあ、思考実験されてるなあ!」という感じがあってめちゃくちゃ楽しかったですね。

ーー今回はされる側だったんですね。

夏絵 CGだからグリーンバックで、「いまこの辺になにかが浮いている」といったことを想像して、覗いたりつついたり、ひたすら自由に動き回って。全力で挑みました。

ーー指示などなく、自由に。

夏絵 はい。「自由にしてください」と言われたんです。たぶんバレているんでしょうね、自由にさせたほうがよさそうだなって。

十八番は「天城越え」でカラオケ8時間ぶっ続け

ーー歌唱についてはいかがですか? 博士が昔からお好きだったり?

夏絵 博士は歌うことがめちゃくちゃ大好きで、ひとりで8時間カラオケに行くような、そういうタイプの人間です。

ーー8時間ってすごいですね。フリータイムですよね。何回ドリンクバーに行くんでしょう。

夏絵 昼12時から夜8時までの間に、ドリンクバーは2回とか?

ーー少ない(笑)。飲む間も惜しむほどだったんですね。

夏絵 「暇だな」と思ったらすぐにカラオケに行っちゃう時期があったようで、その頃はとにかく自分が満足するまで歌っていたようです。

@natuecoco 8/23 『virtual mod real』でアーティストデビュー💕✨作詞しました🐈 8/23 Debuted as an artist with “virtual mod real” 💕✨ Written lyrics 🐈#natuecoco #virtualmodreal #夏絵ココ ♬ Virtual mod Real – Natue Coco

ーーなにがお好きだったんでしょう。

夏絵 アニソンとか、石川さゆりさんの「天城越え」とかみたいです。

ーーえ! 意外!

夏絵 博士のおばあちゃんが大の演歌好きで、家族でカラオケに行くときに自分の孫が演歌を歌ってくれることが嬉しかったみたいで、博士も喜んでくれることがうれしくて。それで、石川さゆりさんのPVのマネをしながら歌う、みたいな。

ーーいい話ですね。

夏絵 あと博士はディズニーのパレードが大好きだそうで。パレードは23分くらいあるんですが、パレードの頭から最後までアナウンスを言えるみたいです。

ーーもうカラオケ関係ないですね(笑)。

夏絵 関係ないですね。パレード曲が収録されたCDを買って、それをバックにアナウンスをきっちりと入れて。さらにミッキーやダンサーの動きもすべて、めちゃくちゃ研究してインプットしているみたいです。

ーーそれを夏絵さんがTikTokで披露したことは?

夏絵 ないですね。見ている人が23分もたえられないですよ。付き合わせるのはかわいそうすぎる!

ーーいつか披露してくれることを楽しみにしています。まだまだ底知れぬポテンシャルを感じました。ありがとうございました!

「Virtual mod Real」
配信限定
2023.08.23 リリース

🎵 最後まで読んでくださった皆さまへ 🎵

こちらの記事を読んでくださった皆様に、夏絵ココ公式アイテム「「BuzzTokNEWS」Thank you カード」をプレゼント!

インタビューのページにはないオフショットを使用し、読んだことが証明書として残るデジタルアイテムです!ここだけの限定カードをぜひゲットしてください!

① こちらのリンクへアクセス https://pazr.jp/present/coco_BuzzTokNEWS
② 「PAZR(パズル)」新規会員登録(登録はすべて無料です)のボタンをクリック
③ お好きな登録方法を選びます(Twitter / メールアドレス / Facebook / GoogleアカウントどれでもOK!)
※アカウント持っている方はサインインでOK!
④ 必須項目を記入して「登録」をクリック
⑤「ゲット」のボタンをクリックすると、「「BuzzTokNEWS」Thank you カード」をゲットできます

BuzzTokの最新情報をチェックしよう!
>BuzzTok News 動画インタビュー企画!

BuzzTok News 動画インタビュー企画!

圧倒的No.1バズメディア「BuzzTok News」では、音楽活動をされているアーティスト・ミュージシャンを対象に動画インタビュー企画を実施します。音楽に纏わることでもそれ以外でもOKです。それぞれの持つ“普通じゃない”をインタビューを通じて発信していければと考えております。自薦他薦は問いませんので前向きな方は是非ご一報ください。

CTR IMG