注目キーワード
  1. バズ
  2. ダンス
  3. 話題
  4. 可愛い
  5. 爆笑

Mumeiちゃんがテスト期間も
TikTok断ちできなかった結果…(#01)

Mumeiさんインタビュー#01/「15秒の動画に3時間かける」強すぎるこだわりで、実家の部屋の壁を白く塗り直すまで

TikTokフォロワー数370万人を越えるMumeiさん。高校生のときにアカウントを開設すると、自由きままにアップしていたダンス動画が「かわいすぎる」「中毒性ある」とじわじわ話題を呼び、またたく間に人気インフルエンサーになった、まさにTikTokドリームの渦中にいる女の子だ。昨年11月に「TGC teen 2022 Tokyo」でランウェイデビューを果たすと、今年3月には、影響力のある10代が出演する「超十代 -ULTRA TEENS FES- 2023@TOKYO」にも出演するなど、ティーンに圧倒的な人気を誇っている。そして5月には岩手県で開催された「TGC teen ICHINOSEKI 2023」にオープニングアクトとして出演、デビュー曲『堂々』の見事なパフォーマンスを見せた。巧みすぎる編集や、YouTubeのような大掛かりな企画などがひしめくTikTok界で、“圧倒的なカワイイとダンス”で王道を貫き独走しているMumeiさんに聞いた、はじまり、こだわり、そして、整形秘話。
(全2回の1回目/2回目に続く)

きっかけは、友達とのフォロワー数対決

ーーこれまで、インタビューはあまり受けていないですよね。

Mumei そうなんです。自分、喋るの苦手なので。

ーーえ! TikTokを見ているとまったくそうは思わないですし、YouTubeでは明るいキャラクターを見せてくれていますよね。

Mumei ほんとうは言葉をうまく伝えられなくて。がんばっています(笑)。

ーーそういったギャップも魅力ですよね! まずは、TikTokを始めたきっかけからお聞きしたいです。

Mumei 高校1年生のときにTikTokの存在を知って、クラスのみんながやっていて流行っていたので自分もやろうかな、という感じで始めました。最初は友達と、「どっちが多くフォロワーできるか、対決しよう!」という遊び方をしていたんです。

ーー友達との遊びの一貫だったんですね。

Mumei そうですね。それに、TikTokに上げへんくても、インスタのストーリーにあげたり、SNS全般をプリクラ感覚で使っていました。

ーーじゃあ、こんなふうに公にするつもりはなかったんですか?

Mumei 最初はなかったです。時間が経つにつれて、「TikTok、楽しいやん!」となり、投稿頻度が高くなり続けていたら、フォロワーさんにとってうれしいことをやると応援してくれるようになったので「これ、ちょっとがんばろうかな」という気持ちになったんです。

勉強を忘れて没頭し「この道に進む!」

ーー当初はどんな動画を上げて、友達と対決していたんですか?

Mumei 自分が踊りたい音源で踊って、上げているだけでした。フォロワーさんが何を楽しみにしているかとか考えずに、自分がしたいことをただずっとやっていただけでした。

ーーちなみに、対決の結果はいかがでしたか?

Mumei 最初は同じくらいで、動画を上げれば上げるほどフォロワーさんが増えていっていましたが、勉強もしなきゃいけなくて。テスト勉強期間に入って、対決からフェードアウトしていきましたね。

ーー勉強がおろそかになるくらい、TikTokにのめり込んでしまったんですね。

Mumei そうなんです。悪い意味で集中して、没頭してしまって。それで勉強しなさすぎて、TikTokと距離を置こうとしたんですが、距離を置くことができなくて。

ーーお母さまはなんと言っていましたか?

Mumei 最初の頃は、できるかぎり隠れて撮っていたんです。でも高校1年生のはじめ頃に結果的にバレてしまい、その頃には「このくらいフォロワーさんがいるし、この道に進みたい!」と話しました。

15秒の動画を撮るのに3時間

ーー高校1年の最初って、やり始めてすぐの頃じゃないですか?

Mumei ほんとうに最初の頃は全然だったんですが、ひとつの動画がバズっていっきにフォロワーさんが増えて。バズった気持ちがうれしくて、「次もバズらせたろう!」という感じでのめり込んでいったんです。

ーー1日にどれくらいやってしまうものなんですか?

Mumei 見るのだけだと半日くらいですかね。私は洋楽が好きで、洋楽の音源が流れてくると「これめっちゃ楽しい!」と延々とスクロールしていたらいつの間にか時間が経っている、という感じで。

ーー撮るときはどれくらい時間をかけますか?

Mumei 何時間撮っているかわからないですね……ちょっと没頭しすぎて……。いつの間にか2,3時間経っていることは普通にあります。たった15秒の動画で。

ーーたった15秒で!

Mumei ほんまにそう。夢中になって、時間の感覚、マジでわからないです。

ーーどんなところにこだわって、時間が経ってしまうんでしょうか。

Mumei たとえばメイク、絶対に失敗したらアカン部分を納得いくまでやり直したりとか。ちょっと映り方が悪いと、何回でも、何十回でも撮り直して、気づくと数時間経っているんです。

「髪の毛が理想的になびいてない! もう一回!」

ーーたとえば、最近何度も取り直した動画は?

Mumei 私が得意な変身系で、メガネをかけた三つ編みの冴えない女の子が、急に髪の毛サラサラな清楚系に変身するという動画です。変身するときの、髪の毛のなびかせ方がどうしても理想通りにいかなくて。できる限りアニメに近い描写を再現したいんですが、現実ではなかなか難しいんですよね。

@mumeixxx あの女の子がある日突然…|one day suddenly…#変身 ♬ ill do it ayesha erotica – ☆

ーーあ、でも、確かにアニメーションっぽいなびかせ方ですね!

Mumei これができるまで何度も見返して「また全然なびいてないや……」で、撮り直し、みたいな。頭の中のイメージと一致させたいんですよね。

ーーメイクも同じように、アニメのようなイメージがあって、近づけるように?

Mumei そうですね。普段はアイライン細めに書いていますが、アニメって目がはっきりしているじゃないですか。だからアイラインを太めに描いたり。チークを濃くしてみたり。

ーーそういったこだわりは、「この道に進もう」と決意してから生まれたんでしょうか。

Mumei そうですね、それと同時に、フォロワーさんから自分でもわからへんところを見られることに気づいたんです。腕につけたままの髪の毛のゴムを見られて指摘されたりして、細かい所まで見てくれているんだなぁと驚きました。

母にお願いして実家の壁を白に

Mumei あと、最初は意識していなかったのが、部屋の色です。

ーーたしかに当初は、実家感がありますよね。

Mumei カーテンが青で壁がマーブルっぽい感じで、映えなくて。お母さんにめちゃめちゃお願いして、カーテンを白にして、壁を白く塗り直しました。自分がしたいことがわかるように、はっきり映るような背景にしました。

ーーお母さま……ありがたいですね……!

Mumei お願い、めっちゃ聞いてくれています(笑)。

ーー鼻を整形していることを公表していますが、それもお母さまの協力があったのかと思います。

Mumei そうですね。事前に成功例や失敗例を一緒に調べました。カウンセリングにもいっぱい行って、信用できる先生にお願いして。

ーーとてもしっかり準備されてたんですね。

Mumei 自分ひとりでは行動できないので、周りの人に協力してもらいながら、そのためにはしっかりとした事前準備が必要なんですよね。周りの人に恵まれていると思います。

自撮りもイヤになるほどのコンプレックス

ーー整形した時期はいつ頃ですか?

Mumei 高校1年生の終わり頃です。整形したいと思ったのは、YouTubeを始めたいなと思ったからなんです。TikTokは加工ができるからいいんですが、YouTubeは無加工の、ありのままの自分が映るじゃないですか。それで、YouTubeの画面に映ったときの自分、「鼻、デカ!」みたいな。気になったら止まらなくなって、お母さんにお願いして整形をしたんですが、「整形した事実をみんなに話さない」という選択肢はありませんでした。

ーー元々、写真を撮ったり鏡を見るときなど、コンプレックスに感じていたんですか?

Mumei コンプレックス、ありました。昔はTikTokもほかの加工アプリも知らなかったから、自撮りすらイヤだったんです。でもTikTokに出会って、きれいな人がたくさんいて、「私の顔に合う、理想の鼻はこれだ」という形にも気づくことができました。

ーーそれで理想の鼻を手に入れてたんですね。

Mumei はい! とはいえ、今もずっと一生懸命研究しています。自分に合うメイクや髪型を。どうやったらビジュアルの良い自分を保つことができるのか……もうずーーっと探しています。

***
後半では、学校でのこと、中学時代のこと、そしてMumeiさんが追い求める「カワイイ」についてうかがいます。

(撮影/佐賀章広)

@mumeixxx♬ グッバイ宣言 – Chinozo

※動画はmumei✖公式TikTok『@mumeixxx』より

BuzzTokの最新情報をチェックしよう!
>BuzzTok News 動画インタビュー企画!

BuzzTok News 動画インタビュー企画!

圧倒的No.1バズメディア「BuzzTok News」では、音楽活動をされているアーティスト・ミュージシャンを対象に動画インタビュー企画を実施します。音楽に纏わることでもそれ以外でもOKです。それぞれの持つ“普通じゃない”をインタビューを通じて発信していければと考えております。自薦他薦は問いませんので前向きな方は是非ご一報ください。

CTR IMG